はじめからニコレットを使ってもタバコを止められないかもしれませんが、本数を減らすことは可能だと思います。ニコレットの効果を知るところから始めて、ニコレットを使って脱タバコを目指しましょう!

タバコを吸っている人
タバコ

タバコの値段が上がるにつれ、今度こそやめようと決意をしてもなかなかやめられず、何度も諦めているという方は多いと思います。
タバコを簡単にやめられない原因は、ニコチン依存とタバコを吸うことにより精神的な安定を得ているからと言われています。
吸うことでリラックスしたり落ち着いたりという精神的な物に関しては、自分で他に変わるものを探すか慣れるしかないでしょう。
ニコチン依存に関しては、脳にはニコチンが結合する事で快感を感じさせる物質を放出する受容体が存在します。繰返しタバコを吸うことで禁断症状が現れ吸いたいと思うようになりニコチン依存という状態になるわけですが、ニコチン依存に関しては、ニコレットの使用でタバコの本数自体を減らす事は可能と思われます。
その理由としては、ニコレットにはニコチンが含まれているためです。ニコチンは禁煙を始めてから48時間~72時間程でほぼ排出されるとされています。その為禁断症状のピークはニコチンが排出されてから1週間程がピークとされています。
始めの3日間ぐらいが辛いと言われるのもニコチンの禁断症状によるものです。
ニコレットはニコチン置換療法として使用されます。タバコを吸いたくてどうしても辛いという時に摂取する事で吸いたいという衝動を抑える事ができます。
そうするとニコレット自体が辞められないのでは、と思われるかもしれませんがタバコに比べて吸収速度が緩やかで、禁断症状を緩和させる程度のニコチンの血中濃度を維持するように出来ているのでタバコのような依存症にはなりにくいとされています。
完全に辞める気がない人も、まずは少しづつ回数を減らしたいという場合はニコレットを使用する事で禁断症状を緩和させるのが有効かも知れません。

記事一覧
タバコをもっている手

煙草を吸っていると肌の状態が悪くなってしまうということはよくありますが、自分ではそれに気づいていない...

タバコを吸っている男性

ニコレット芸人さんも多く芸能界も推進している方法です。タバコを止めるとニコチンを欲してしまい、ストレ...

灰皿

タバコを吸っていると、吸っている本人はもちろん、周りの人もタバコの害を受けます。 特に子供や妊婦は、...

禁煙マーク

禁煙をしたいというときにただ煙草を手放そうとしても、ふとまた手を伸ばしてしまって禁煙が達成できないと...