はじめからニコレットを使ってもタバコを止められないかもしれませんが、本数を減らすことは可能だと思います。ニコレットの効果を知るところから始めて、ニコレットを使って脱タバコを目指しましょう!

タバコを吸っている人
  • ホーム
  • ニコレットの医薬品としての安全性と体調への影響

ニコレットの医薬品としての安全性と体調への影響

近年、タバコに関する社会の見方は大きく変化しつつあります。
一昔前までは、タバコは大人のたしなみといわれるほど一般的な習慣として認識されていました、医学的な見地からのタバコの煙に含まれる有害物質の存在や、実際にタバコを吸っているわけではないのに、タバコの煙を吸ってしまう受動喫煙などのデメリットなど、タバコに関する暗い面が明らかになり、喫煙者はタバコを吸うときに周りに多くの気を使わなくてはならなくなりました。

ニコレットは喫煙習慣の転換期の現代社会において、大きな禁煙の道しるべとなってくれる医薬品です。
禁煙は簡単な道のりではありません。
タバコの依存性は非常に強く、禁煙中には吸いたい衝動との葛藤に襲われることになります。
なので、こうした精神的なストレスが禁煙においては大きな課題であり、ニコレットはこうした精神的な苦痛を和らげることに重点を置いています。
吸いたい衝動などは、急激なニコンチンの不足によるもので、体調面を考慮しつつ徐々にニコチンを減らしてゆくことで、こうした衝動を緩和しつつ徐々にニコチン依存を改善することができます。
ニコレットガムは少量のニコチンが含まれており、徐々にニコチンの量を減らしてゆくことによって禁煙成功へと導きます。
このニコレットの利用方は吸いたい衝動に襲われたときにニコレットガムをかむだけ。
一般的な医薬品と異なり、自分の判断でニコチンの含有量を調節して利用することができるので、自分のペースで禁煙をすることができます。
こうした自分だけの禁煙を構築することで、ニコレットは精神的に楽な禁煙を実現しました。
ニコレットによる禁煙はメンタル面の改善だけでなく体調面にも影響を与えるので、タバコをやめることに関して明るいイメージが持てるようになります。

関連記事