はじめからニコレットを使ってもタバコを止められないかもしれませんが、本数を減らすことは可能だと思います。ニコレットの効果を知るところから始めて、ニコレットを使って脱タバコを目指しましょう!

タバコを吸っている人

ニコレットの禁煙効果

禁煙マーク

禁煙をしたいというときにただ煙草を手放そうとしても、ふとまた手を伸ばしてしまって禁煙が達成できないということはよくあることです。
たった一本の誘惑に負けると禁煙ができなくなってしまうということはよく知られていることでしょう。
その原因物質として知られているのがニコチンであり、煙草を吸うことによって摂取すると快感がもたらされるということが知られています。
その快感がやめられなくなって依存ができてしまうのが煙草の恐ろしいところであり、その依存性の影響によって煙草をやめられなくなってしまう人が多いのです。
そのため、煙草を吸うことへの誘惑を減らすためにはニコチンが欲しいという気持ちを煙草以外のものから解決するという手法が想定できます。
そういった目的で禁煙効果を発揮するのがニコレットです。
ニコレットはニコチンを含んでいるガムであり、これを摂取することによってニコチンの供給源を煙草からニコレットに置き換えることができます。
ニコチン置換療法と呼ばれる手法であり、これによって煙草がどうしても吸いたいという気持ちを減弱させることができるのです。
しかし、ニコレットは噛み方を間違えると効果がありませんので使い方はしっかりと確認しておくことが大切です。
ニコレットによってニコチンを補充することにより煙草を吸わないことができるようになれば、実質的には禁煙が達成されたことになります。
そして、次に行うのがニコレットの減量であり、すこしずつ着実に減らしていくことによってニコチン依存症を安全に克服していくことができます。
こういった形でニコチンに対する魅力を煙草からニコレットに置き換えることによって禁煙効果を発揮することができるのがニコレットです。
禁煙補助薬として名高いのはニコチン依存症に困らされている人が多いからと言われています。

関連記事