はじめからニコレットを使ってもタバコを止められないかもしれませんが、本数を減らすことは可能だと思います。ニコレットの効果を知るところから始めて、ニコレットを使って脱タバコを目指しましょう!

タバコを吸っている人
  • ホーム
  • 車両で吸うタバコは麻薬に近い、ニコレットで禁煙

車両で吸うタバコは麻薬に近い、ニコレットで禁煙

嗜好品として楽しまれるタバコは、教育機関や書籍では体に害を及ぼすため使用してはいけないと言われます。
しかし、現在でも喫煙習慣がある人も少なくなく自宅のリビングで、移動中の車両で、仕事場の休憩時間に煙を吸う行為を見かけるでしょう。
現在日本では、高い税金を掛けることでタバコの販売を行っており徹底的な拘束を行ってません。
大麻や覚せい剤を初めとする麻薬の取締から思えば緩い状況だと言え、喫煙での体への影響は軽度なものと認識するかもしれません。
確かに、喫煙と薬物をイコール関係で結ぶには厳密には異なります。
しかし、喫煙衝動を抑えられないことは結局は依存性であることには変わらず、この症状は薬物中毒と同じことです。
禁煙の手助けになるものとしてニコレットという存在を耳にするでしょう。
これはガムの中にニコチンを含ませた商品であり、長くおおよそ30分を目安に噛むことで喫煙欲求を抑える効果があります。
ガムといってもこれは医薬品の部類に入り、用法用量を守らないと何らかの副作用を引き起こす可能性があります。
その為お菓子感覚でいくつも食べてはならず、一日に取るべき摂取上限が決められてます。
喫煙欲求とは体内のニコチンが薄まっていく中で引き起こるので、タバコを吸いながらニコレットの摂取はいけません。
また、この製品は使用者を選ぶ場合があり、タバコの経験のない非喫煙者、妊婦や妊娠の可能性のある人、すでに別のニコチン製剤の使用者などはこの商品を取り入れてはいけません。
また、噛んだあとは飲み込まずティッシュや紙に包んで幼児の届かない所へ処分する必要があります。
禁煙を志し、この商品を利用する際は医師や薬剤師に相談して正しい使い方を知ってタバコの呪縛から解き放たれましょう。

関連記事